大人焼肉を食べるなら名店ぞろいのこの街へ!白金エリアで食べる焼肉5選

「白金」と聞くと、高級フレンチや敷居が高い割烹系の和食店が多いと思っている方も多いかもしれない。

でも、白金はオシャレな店ばかりではなく、知る人ぞ知る名焼肉の激戦区でもあるのだ。

白金には焼肉の名店がそろってるって知ってる?と誘いたくなるいい店ばかりをご紹介!

『焼肉ジャンボ白金』の凄すぎるとろけ肉!毎夜満席の実力とは

連日の猛暑もひと段落する兆しが見え、待ちに待った食欲のシーズンが到来!

そんな時にまっさきに食べたいのが「和牛」。それもサシがぎっしりと入った、とろけるようなA5ランク!

黒毛和牛の焼肉といえば『焼肉ジャンボ白金』をチョイス。

まずは「正真正銘のユッケ」から。甘いタレとフレッシュな赤身肉が絡まり、あっと言う間に完食。

「名物 野原焼き」黒毛和牛A5ランクのサーロインを、新潟産おもいでというブランド卵にくぐらせていただく

ユッケの余韻にもひたる暇もなく、待望のとろけ肉の登場だ。

それが「名物 野原焼き」。薄くカットされたサーロインをさっと網であぶり、新潟産の溶き卵にくぐらせいただく。

この溶き卵。質の良い肉汁と甘ダレがしみ込んだ佇まいは、飲んでしまいたいほど…!

お手本のようなサシの入り方をした「サーロイン」塩こしょうでシンプルに。

そして「ミスジ」、「サンカク」、「イチボ」と続き。いよいよお目当ての「サーロイン」へ。

これはもう、ほぼステーキ。白いごはんが食べたくなったがぐっと我慢。

というのも〆はカレーが待っているから。とっておいた溶き卵を、カレーにどばっとかけていただく。スパイスを幾重にも調合した大人のカレーが、ぐっとマイルドになり、より複雑かつ深みのある味へ。

ツヤツヤの輝き。均整の取れたサシの入り方。食べずともその美味さはわかるはず。「タン塩」、「ミスジ」、「イチボ」

これにてお腹満腹、気分も上々。

とろけ肉シーズン第一戦は完全勝利です。

飲んで食べて一人1万円に満たないとくれば、再戦の日も近い!?

『東京苑』を訪れたなら、これを食べずには始まらない、「東京苑10秒ロース」(1,300円)タレの味はごはんとの相性も言わずもがな

1978年創業の名門が満を持した7店舗目! 『東京苑 白金店』

創業38年の名門が、新たなステージとして選んだのは、ここ1、2年で個性的なレストランが急激に増えている、白金・北里大学前の通りだ。

さっと炙るだけでOKと謳う“元祖”「東京苑10秒ロース」はもちろん、地名にちなんだ「白金カルビ」や、赤(赤身寄り)と白(サシ多め)2タイプの「ザブトン」を提案するなど、肉の楽しみ方がさらに深まりそうだ。

ブロック状にカットされているのは、人気メニューである「カイノミ」(1,600円)こちらは塩でいただきたい

名門の名に相応しい高級感のある店内。ここぞという接待やデートに最適

広々とした空間で頂くのは、「極タン」モクモクのドライアイスのパフォーマンスが素敵

ダジャレセンスの光る!目でも舌でも楽しめる大人焼肉『晩翠恵比寿白金』

プラチナ通りを抜けた閑静な場所に、隠れ家のように佇む店、それが『晩翠恵比寿白金』。

本店の『焼肉晩翠』は田町にて1966年に創業。以来46年間、変わらず鮮度の高い、質の良い和牛にこだわって営業し続けている。

その人気の理由は、ひとえに「質の良い和牛を最大限リーズナブルに」というこだわりを貫いているから。肉質はもちろんのこと、ライブ感たっぷりのパフォーマンスにもファンが多い。

名物の「マレーナ・ブイサンズ」

同店の名物がこちら!その名も、「マレーナ・ブイサンズ」。

稀な部位(希少部位)とシンガポールの「マリーナ・ベイサンズ」をかけて、「マレーナ・ブイサンズ」と命名されたのだとか。ダジャレのセンスも抜群だ。

「タンモト」・「リブマキ」・「リブシン」・「トモサンカク」・「ザブトン」・「カイノミ」・そして赤身の「ランプ」200gの豪華盛り合わせ。

ドライアイスの演出が、見た目にも楽しくテンションも上がる!

金粉が散りばめられた「ランプ」200gとたっぷり!

ワインは赤のみ。すべてソムリエが厳選している

「雲丹の肉寿司」

〆の「雲丹の肉寿司」は、少し炙ることで甘味と風味がぐんと増す。

口の中でとろけるウニと和牛のマリアージュを感じよう。

目でも舌でも味わえる大人の焼肉店、個室ではお忍びデートにもおすすめだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo