デスパレートな2人 Vol.2

「同棲しない?」交際1ヶ月、秘密の社内恋愛中の男から受けた提案。その衝撃的な理由に揺れる女心

―社内恋愛―

会社員なら誰しもが一度は経験するであろう、秘密の恋。

毎日会えて、仕事のことも分かりあえる。もしかしたら普通の恋より、濃密な関係が築けるのかもしれない。

しかし…。

時にその濃密過ぎる関係が、残酷にも2人を切り裂くきっかけにもなりうる。

これは、ある会社で起こったリアルな“社内恋愛の悲哀”であるー。


同じIT企業に勤務する、総務部の吉田結衣(28)と営業部のエース・斎藤健(32)。

結衣は、「3回デート必要?無駄じゃない?」と告白され、健と付き合い始める。だが告白の後すぐ「付き合ったことは社内では内緒ね」と言い残し、健は営業部の飲み会に向かうのだった。


「ネイル可愛いね!…でも、結衣がピンクのネイルなんて珍しい。」

その言葉に、結衣は思わずドキリとする。

話しかけてきたのは、人事部の奈央だ。間接部門にいる数少ない同い年で、自然と仲良くなった。最近は株主総会の準備などで一緒に仕事をすることも多い。

「ありがとう。ちょっと気分を変えてみようかなって。」

普段はグレーやベージュといったシックな色を選ぶことが多いが、ついこの間行ったネイルサロンで、綺麗なコーラルピンクのネイルが目に留まったのだ。

数週間で塗り直すしいいかな、と思い切ったはいいものの、いつもお願いしているネイリストの女性に「珍しい」と驚かれた。

―健、ネイル変えたの気づいてくれるかな…?

施術が終わり、艶々に染まったコーラルピンク色の指先を見つめながら、健の元カノがいわゆる“ゆるふわ系女子”だったという噂を気にしている自分に気付く。

結衣は今まで、自分は恋愛には淡白なほうだと思っていた。しかし健と付き合ってからは、いつも以上に考えることが多くなった。

結衣の所属する総務部に健が来ると、体中の神経がそちらに向かう。淡々と業務はこなしているつもりだが、健のいる間は心がザワザワする感覚が一向におさまらない。

―社内恋愛って大変ね…。

社内恋愛の多くがすぐ知れ渡ってしまう理由が、少し分かった気がした。

結衣は万が一社内に広まったとき、健に恥をかかせぬよう今まで以上に仕事に精を出している。

気付けば、結衣と健が付き合って1ヶ月が経とうとしていた。

【デスパレートな2人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo