東京離婚事情 Vol.2

東京離婚事情:「まさか、自分の妻が...」夫が、妻の不貞行為を知った衝撃の一夜

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。

前回は、6年も交際したのに1年半で離婚した淳平に迫った。今週は?


名前:太郎
年齢:33歳
職業:外資系投資銀行勤務
年収:3,200 万
結婚歴:3年半
前妻の年齢と職業:31歳・事務職


「前妻の小百合とは、昨年離婚しました。とても可愛らしくて、可憐な女の子だったのですが...」

待ち合わせ場所の東京マリオットホテルにある『ラウンジ&ダイニングG』へ到着するなり口を開いた太郎。
現在、外資系投資銀行勤務。

休日のため私服で現れた太郎だが、カジュアルなスタイルの中にも清潔感の漂う雰囲気と、身につけていた高価な時計から外銀マンらしさが垣間見られる。

何よりもその所得は3,000万を超えており、婚活女子からすると喉から手がでるほど結婚したい相手かもしれない。

そんな理想の夫・太郎を手に入れた妻。

「前妻・小百合には、何も不自由はさせていなかったはずです。何よりも、僕たちは幸せな夫婦生活を送っていました」

美男美女夫婦として皆から羨望の眼差しで見られていた太郎たち。

しかしその絵に描いたような幸せは、一夜にして音を立てて崩れていった。


「ある日、僕は知ってしまったんです。妻の不貞行為を」


もともと低い太郎の声が、一段と重みを増した。そこには感情を抑えた中にも、どこか悲壮感が漂っていた。

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo