大阪LOVERS Vol.10

「東京にはあるけど、大阪にはないねん」30歳大阪女がキャリアを捨てても守ると誓った、かけがえのないもの

あなたが大阪に抱くイメージは、どんなものだろうか?

お笑い・B級グルメ・関西弁。東京とはかけ離れたものを想像する人も少なくないだろう。

これは、そんな地に突然住むことになった、東京量産型女子代表、早坂ひかりの大阪奮闘記である。

隆二からの自分勝手なプロポーズに加え、追い打ちをかけようとする浮気疑惑があった女を見事撃退。

美容スタッフを対象とした全国大会に向けて邁進するひかりだったが、尊敬する淳子から突然の退社宣言が…!


「マネージャー!嘘ですよね?!淳子さんが辞めはるなんて…!」

ひかりが店舗の裏から入店するや否や、カウンターからスタッフが飛び出してきた。

淳子から突然の退社宣言を聞いてから1週間、来期の人事異動が発表されると同時に彼女の退社が公になり、大阪支社と店舗がちょっとした騒ぎになっている。

退社の理由は明らかになっていないが、どこからともなく漏れたのか、すでに多くのスタッフが結婚に伴う退社だということを知っていた。

「残念だけど、発表の通りです。皆さん、淳子さんの花道を飾るためにも、今は頑張りましょう?」

その言葉を聞いて、ひかりよりも一回りほど年上のスタッフが、肩を落とし呟く。

「結婚するから辞めてしまうなんてなぁ…。あんなにできる子やねんから、仕事だって続けられるやろうに。ほんま、もったいないなぁ。」

その言葉を受け、実は妊娠してる説、親が昭和脳説、競合への転職説が、数人のスタッフの間で超速で広まっている。根も葉もない噂というのは、こうやって世に送り出されていくのだろうか。

「ご本人から改めてご挨拶があると聞いています。…今日は新製品の予約状況を確認させていただきたいので、そろそろ始めてもよろしいでしょうか?」

少々苦い顔をしながらスタッフがカウンターに戻っていくのを見届け、ひかりは小さなため息をつく。

―淳子さんのいなくなった大阪は、どうなっちゃうんだろう。

どの店舗でも耳にする彼女を惜しむ言葉が意味する通り、淳子は必要とされている存在なのだ。

ただ、彼女が下した大きな決断を素直に受け入れられないのは、大阪の店舗全域で起こるであろう淳子ロスの心配だけではない。

―淳子さん、本当に後悔しないのかな。

ひかりは、淳子から聞いた話を思い出していた。

【大阪LOVERS】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo