東大女子図鑑 Vol.8

東大女子図鑑:「メスが求めるのは“1番優れたオス”」華麗な恋愛遍歴を誇る女の、信念と誤算

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

これまでには隠れにゃんにゃんOL向上心の塊のような才色兼備愛人枠に甘んじる文学少女量産型女子を演じる理三卒女医夫に内緒で別宅を構えるバリキャリ元外銀のゆるふわOL美人への嫉妬だけで国際弁護士になったエリートが登場。

さて、今週は?


<今週の東大女子>

氏名:坂口里奈
年齢:27歳
職業:広告代理店
学部:経済学部
住居:東銀座
ステータス:独身、某IT企業の社長と交際中


『BVLGARI IL BAR』に現れた坂口里奈に、その場に居た誰もが目を奪われたようだった。

彼女が纏うドルチェ&ガッバーナの華やかな花柄ワンピースは、ダークブラウンでシックにまとめられたバーエリアを背景に、そこだけくっきりとスポットライトを浴びているよう。

手元にはピンクのケリー、耳元には大ぶりのアルハンブラが揺れている。

上から下まで値札が透けて見えるような“派手かつバブリー”な装いだが、ハーフにも見えるくっきりとした目鼻立ちにそれらはとてもよく似合っていた。

「仕事がある日はなかなか自分の好きな服を着る機会が無くて。プライベートでお友達に会う日は、思いっきりオシャレを楽しむことにしているんです」

確かに、広告代理店という華やかな業界とはいえ、ここまでド派手な服を選べる機会は少ないのかもしれない。

それにしても随分と景気が良いようだが…?

「代理店のお給料なんてたかが知れてますから。生活費の大半は今お付き合いしている彼が援助してくれてます♡」

当然のように言い放ち、運ばれてきたアフタヌーンティーボックスを写真に収める里奈。

「ここのアフタヌーンティーボックス、本当にインスタ映えしますよね!残念ながら今ダイエット中であんまり食べられませんが…」

一通り写真を撮り終えると、里奈はもう興味を失ったとばかりにアフタヌーンティーボックスを前へ押しやった。

「私、今の仕事はまだ2年目なんですよね。その前は全く違う業界で」

実は彼女は去年まで、キー局でアナウンサーを務めていたのだと言う。

新卒で入社後4年間勤めた後、思い切って転職したのだと言うが、その理由は…?。

「“女子アナ”って世間でチヤホヤしてもらえるのなんて、新人の頃だけ。20代前半なら最強の看板ですが…20も後半になったら“元女子アナ”としてOLやってる方が余程モテます。

…それに、一般人の方が、お付き合いも自由にできますしね」

ふふふ、と目を悪戯っぽく光らせ、里奈は口許に静かな笑みを浮かべた。

【東大女子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo