パリパリの皮とジューシーな身が絶品!極上の北京ダックをまるごと堪能できるフェアが凄すぎる

中華を代表する料理「北京ダック」。食べる際には皮のみをカットしていただくが、その他の部位も味わってみたいと思ったことがある人は多いのでは?

そんな欲望を叶えてくれるのが、「ウェスティンホテル東京」の『広東料理 龍天門』で開催中の「まるごと北京ダックフェア」。

なんと「北京ダック」の皮だけではなく、身やガラまで余すところなく堪能することができるコースが提供されるというのだ!

フェアは6/30(土)までの期間限定。めったに無いこの貴重な機会を見逃さないで。


こんな贅沢ができるのは今だけ!肉汁溢れる北京ダックを味わい尽くす

「まるごと北京ダックフェア」が展開されているのは、今年の2月にリニューアルオープンした『広東料理 龍天門』。

本場香港の料理を扱う同店だが、今回は「北京ダック」の皮だけを食べる香港スタイルではなく、胸肉やもも肉、そしてガラまで料理として提供。

なかなか味わえない部位まで、文字通り“まるごと”食べ尽くすことができる。

「北京ダック」は、旨みを逃さないために2時間かけてゆっくりと焼き上げられている。

皮は張りがあってパリパリ、身は肉汁が溢れるほどジューシーでやわらか。この二つのバランスが最高なのだ!

皮と身の美味しさが損なわれないよう、カットする際の薄さにも匠の技が光り、まさに極上という言葉がふさわしい逸品。

この「北京ダック」にぴったりな「薄餅(ポーピン)」は、手作りというこだわりよう。いくらでもオーダーすることができるので、皮や身が無くなるまで好きなだけ満喫することができる。

こんなに贅沢をしていいのかと心配になるが、「まるごと北京ダックフェア」はこれだけではなく、「北京ダック」を使った麺やフォアグラなどもテーブルに並ぶというのだから驚き!

誰もが大満足すること間違いなしの豪華すぎる内容。ちょっと贅沢なディナーをしたい時にぜひ足を運んでみては?

「北京ダック」だけじゃない!
前菜からデザートまで、コースには趣向を凝らした料理がずらり

※メニュー内容およびプログラムは予告なく変更となる場合がございます。


「前菜盛り合わせ」

やわらかなイベリコ豚のチャーシューを始め、沖縄産キビまる豚のスネ肉の冷菜やピータンの黄身をソースにした豆腐の冷菜などが並ぶプレート。
様々なテイストの前菜を少しずつ楽しむことができるのが嬉しい。


「蟹肉 蟹卵入りホワイトアスパラガススープ」

蟹肉と蟹卵がふんだんに入ったスープは、繊細で優しい口当たり。蟹の出汁が染み出ており、味の奥深さを感じる。


「二種海老料理(あっさり天然塩炒め 唐辛子蒸し)」

プリプリの大ぶり海老を、異なる二つのスタイルで食べ比べることができる。

石垣島の天然塩を使ったシンプルな「あっさり塩炒め」と、パプリカと唐辛子のソースがピリッと効いた「唐辛子蒸し」、あなたはどちらがお好み?


「鴨フォアグラ 鮑オイスターソース 青菜を添えて」

上質なフォアグラと蒸し鮑を一緒に堪能する贅沢さ。

特製のオイスターソースは、鴨のガラと隠し味に赤ワインを使用。濃厚で風味豊かに仕上がっており、フォアグラや鮑と相性抜群。


「煮込みそば」

ガラを煮込んだスープに独特の食感の香港麺を和えたそばは、芳醇な味わいでありながらもさっぱり。「北京ダック」やたっぷりの野菜など、トッピングとも絶妙にマッチ!


「燕の巣を使った本日のデザート」

冷たいマンゴースープに燕の巣をたっぷりと入れて食べる、食感が楽しいデザート。マンゴーと柚子が香る爽やかな一品は、食後のシメにちょうど良い。

『広東料理 龍天門』内観

■フェア概要

フェア名:まるごと北京ダックフェア
開催場所:広東料理 龍天門(目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京 2F)
開催期間:6/30(土)まで
開催時間:17:30~21:30
価格:1名 18,000円(税・サ別)

【予約・問い合わせ先】
TEL: 03-5423-7787(10:00~22:00)

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo