表参道はカフェだけじゃない!ガッツリ満足できる大人デート店5選

絶品の「馬刺し」と、「マロン豚 盛り合わせ」※豚バラ(写真上)、豚ロース(写真下)

九州のうまいもんをたっぷり堪能『銀座 あまくさ 青山外苑』

都内にいながらも、九州のうまいもんをたっぷりと楽しめるのが『銀座 あまくさ 青山外苑』。

まずは最高級黒豚を溶岩焼きをいただこう。『銀座 あまくさ 青山外苑』では、鹿児島県産マロン豚を使用。マロン豚とは、最高級黒豚「六白豚」のなかで、主に栗と有機野菜を食べて育った豚で、さっぱりとした脂で甘みがあるのが特徴だ。

また、焼きに使用する溶岩も特注品。「玄武岩」という特殊な溶岩を使用して作られており、火にかけると、遠赤外線やマイナスイオンを発し、お肉を柔らかくジューシーに焼き上げてくれるという。

溶岩焼きのお供には日本酒をぜひ。写真は福井県の「黒龍 垂れ口」。甘口ではあるが、スーッとキレのある飲みやすさが特徴だ。日本酒初心者にも最適の一杯。※メニューは一例

溶岩の上で焼かれていくマロン豚は、肉汁があふれ、見るからにジューシー!実際に口に入れると、お肉の旨みが溶岩によって引き出され、脂もすっと甘みだけを残して消えていく。

そんなマロン豚は、特製の3種のタレで味わいたい。鶏の挽肉を使用した「ビリ辛鶏味噌」、天草産の「塩」、黒酢を使用した「ポン酢大根おろし」によって、味を変えつつ楽しんで。

もちろん、塩とブラックペッパーで味付けされているので、そのまま食べても絶品。

熊本産たまり醤油で味わう「特選 熊本古閑牧場の極上桜肉盛り合わせ」(3,000円)※3~4人前

究極の馬刺しとも言われる、「特選 熊本古閑牧場の極上桜肉盛り合わせ」もぜひ注文してほしい。熊本古閑牧場の桜肉といえば、遠方から買いに訪れる人がいるほど有名だ。

生産から販売まで一貫して行っており、肥料は契約農家が創るわらや、穀物のみを使用するというこだわりの生産方法で育てられる馬肉は、とにかく絶品。部位は希少部位であるフタエゴ、モモ、タテガミの3種類。

「日本一の桜肉」とも評される馬刺しの旨さを象徴するのが「タテガミ」だろう。あっさりとしていて、スッと口から溶けて優しい脂の甘みだけが残る。「タテガミ」は苦手だなと思う人にこそ、この美味しさをぜひ味わってみて欲しい。

内観

店内は1階席の他、2階席も備える。

さらに2階席には外階段から直接行けるのもお忍びデートにもピッタリだ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo