東大女子図鑑 Vol.4

東大女子図鑑:東大・理三卒の女医。日本トップレベルの才女が"量産型女子"を演じ続けたワケ

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

これまでには隠れにゃんにゃんOL向上心の塊のような才色兼備愛人枠に甘んじる文学少女が登場。さて、今週は?


<今週の東大女子>

氏名:坂田百合
年齢:28歳
職業:六本木にある某オフィスビル内 総合クリニック(皮膚科)
学部:医学部
住居:恵比寿のマンションに一人暮らし
ステータス:趣味のダイビングで出会った彼氏と交際中


「東大卒って言っても、みんな信じてくれないんです」

「本当なのに!」と頬を膨らませる百合は、確かにプロトタイプな東大女子のイメージとは違っている。

とはいえ一概に東大女子と言っても、にゃんにゃんOL風からバリキャリのクール・ビューティ整形美女まで...実に様々なバリエーションが存在することは既出の通りである。

そこで今回話を聞かせてくれる百合に再び視線を戻してみるが...困ったことに、特筆すべき点が1つも見当たらないのだ。

くりくりと大きな目、ふっくらと滑らかな頬など顔のパーツ自体は悪くない。

どちらかと言うと“整った顔”というより“愛嬌のある顔”といった印象で、赤文字系雑誌から飛び出してきたようなファッションに身を包んでいる。が、どういうわけか垢抜けない。

外銀・外コンで働くバリキャリのイメージはしっくりこないが、恵比寿で飲んでいそうと言われればそう見えるし、丸の内OLと言われればそうも見える。

つまり一言で言ってしまえば、どこにでもいる"量産型OL”といった佇まいなのである。


しかし驚いたことに...彼女こそ、東大女子の中でも極めて希少性の高い“理科Ⅲ類卒・東大女子"。

彼女がどのくらい優秀であるかを説明すると、東京大学は入学時、文科Ⅰ~Ⅲ類、理科Ⅰ~Ⅲ類と6つの大きな学科に分かれる。

毎年、日本全国から選抜された秀才たち約3,000人が入学するわけだが、理科Ⅲ類(通称“理三”)に入学が許されるのはそのうちたったの100人。

更に女子の割合はそのうちの2割にも満たず、“東大理三女子”の希少性は言うまでもない。(1学年3,000人に対して理三女子は20人弱、その割合はたったの0.6%ということになる)

「東大女子っぽくないよねって言われるのは、嬉しいんです。...だって私、東大女子って苦手だから」

彼女はそう言って無邪気に笑ったが、しかしその声色には軽蔑とも受け取れる微かな棘があった。

【東大女子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo