女子なら絶対に大好き!ビジュアルも味も最っ高なホットケーキ都内ベスト10!

美しくこんがりと焼き上げられた表面に、バターとメープルシロップをたっぷりかけて頬張るホットケーキ。

その懐かしいビジュアルを見たら、どうしても食べたくなってしまう!

そんな時に訪れたい都内の絶品ホットケーキの名店を、どどんと一挙にご紹介しよう!

「ホットケーキ(プレーン)」(650円)※1人前2枚 シロップ付き

老舗の味を継承!あの味にまた会える!
『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』

赤坂にあるホットケーキパーラー『ホットケーキパーラーFru-Full(フルフル)』は、2012年3月に惜しまれつつ閉店した老舗『万惣フルーツパーラー』の味を継承するお店である。

同店がオープンしたのは、2013年4月。幅広い世代に親しまれてきた『万惣フルーツパーラー』の味を、守り続けたいという想いから誕生したお店だ。

ホットケーキが焼き上がるまでには10~15分ほどかかる。1枚200円で追加も可能だ

同店を訪れたら、ぜひ「ホットケーキ」を食べてみて欲しい。どこか懐かしくホッとする優しい味わいが楽しめるだろう。

銅板で焼き上げるホットケーキは、その焼き目の美しさも特徴だ。上質な小麦、通常よりも多めに使用する卵など、生地の配合は万惣時代のものをそのまま継承している。

また、自家製のシロップも独特な味わいで、ホットケーキの味をしっかりと引き立ててくれる。

平日でも客足が絶えることなく満席になることも多いという

同店のもうひとつの名物「フルーツサンド」も必食。

動物性と植物性の生クリームをブレンドした、甘さひかえめのクリームに、ハワイ産パパイヤ、キウイ、イチゴ(紅ほっぺ※時季により異なる)、エクアドル産バナナが整然と並ぶ様子は、一度見たら忘れられない美しさだ。

今日はちょっと懐かしい甘さにおぼれたい!そんな日にこそ訪れて欲しい名店である。

「石窯焼きホットケーキ」(734円)と珈琲「トアルコ トラジャ」(648円)。ホットケーキにはエスプーマクリームが添えられてる

石窯焼きの極厚ホットケーキが絶品!
『石釜 bake brread 茶房 TAM TAM』

神保町駅の近くにある『石釜 bake brread 茶房 TAM TAM』は、昭和47年に創業した老舗喫茶店だった。2014年9月にビルの老朽化による改築工事をきっかけに現在のスタイルへとリニューアル。

それと同時に提供を開始したのが今回紹介するホットケーキだ。その美味しさと迫力のビジュアルが話題となり、現在では行列のできる人気店となっている。

卵をたっぷりと使用しており、何も付けずに食べても美味しい!

外はカリッと中はふわふわの食感が楽しい

オーダーしてから20分程かけて焼き上がる「石窯焼きホットケーキ」は、直径約15cm、厚さは3.5~4cmほどというボリューム感のあるビジュアルで登場。

ナイフを入れると、外側のカリッとした感触の後に、内側のふわふわ感が伝わり、食べる前から美味しいと確信させてくれる。もちろん口に運ぶと笑みが自然とこぼれるほど絶品だ。

カリッと香ばしく焼き上がった表面と、なかのふわふわ感のギャップがたまらない!

食べ進めて行くと、その見た目とは裏腹に意外なほどあっさり食べられてしまうことに驚くだろう。

ご主人の田村さんは、最近のボリュームたっぷりのホットケーキやパンケーキにありがちな、食べ進めるうちに飽きがくることを防ぐために、軽く食べられることを意識して開発を進めていったという。

リニューアル時に出会ったという石窯オーブン。オープン間際まで、この石窯オーブンで焼き上げるホットケーキの開発をしていたという田村さん。

この他では味わえない外はカリッと、中はふんわりという独特の食感を生み出すのに、石窯オーブンは欠かせない存在なのだ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo