女の子同士で行きたい!旨味があふれ出す絶品ハンバーグ10選

ナイフを入れた瞬間にあふれ出す肉汁…。これを嫌いという女子がいるのだろうか。いや、いるはずがない!

味はもちろんのこと、フォトジェニックで見た目も楽しい、女子を魅了してやまない大人のハンバーグをご紹介。

特製ハンバーグステーキ。135gの肉に15gのフォアグラが入る

中からフォアグラが!贅沢すぎるハンバーグ『アヒル西麻布』

誰もがこのハンバーグを食べると衝撃を受けると言う、『アヒル西麻布』のフォアグラ入りハンバーグは、半数以上のお客が頼む看板料理のひとつ。

目の前には、ふっくらと焼き上げられたハンバーグ。大胆に真ん中を切って、まずは溢れ出る肉汁と香りを楽しんで。

それからハンバーグに赤ワインソースを十分にからめて、口に頬張ってその美味しさを堪能しよう。

ナイフを入れた瞬間、肉汁とともにフォアグラがとろりと流れ出す。練り過ぎないようまとめられ、噛むほどに美味しさが広がる

A5の黒毛和牛のヒレとサーロインに、ブランド豚を加えたタネを1日寝かせ、そこにフォアグラを加える。

そして赤ワイン、ポルト酒、フォン・ド・ボーなどを煮詰めた専用ソースも考案された。

上品だが、どこか気取らない雰囲気で居心地が良い店内。カウンターの他、半個室の席もある

上質なイタリアンへと誘うエントランスは、この通り和風な趣き。

炭と薪の“いいとこ取り”ハンバーグ『RODEO(ロデオ)』

スタンディングからデートにまで対応する、使い勝手抜群のイタリアンが、中目黒駅徒歩5分の山手通り沿いに誕生した『RODEO(ロデオ)』だ。

イタリアンでありながら、行灯に暖簾、格子のドアと、和テイストのファサードがお出迎え。

のっけから、割烹あるいは酒場に足を踏み入れる時の、あの高揚感とドキドキが演出される仕掛けだ。

「ロデオ ハンバーグ」炭火の香りがたまらない!

オープンキッチンにある囲炉裏では、『RODEO』ならではの調理法「炭トキドキ薪」で、肉・魚貝・野菜・チーズに絶妙な火入れが施されていく。

炭の安定した火力、薪ならではの強火と香りで仕上げられるのが「ロデオ ハンバーグ」。和牛を贅沢に使った手ごねのタネを、炭、薪、フライパンで柔らかく焼き上げた特製ハンバーグ。

素材の甘みが凝縮した玉ねぎソースも絶品だ!これを目当てにディナー予約したい新店だ。

素材の甘みが凝縮した玉ねぎソースも相性抜群

お肉がぎっしり詰まった、ふわふわのハンバーグ

「ハンバーグ モッツァレラチーズ 170g」(1,380円)※200gは1,580円

何度来ても飽きない!『ハンバーグWill』

新宿御苑の『ハンバーグWill』は、女性人気のハンバーグ専門店だ。

この店の魅力のひとつとして、ハンバーグの種類の豊富さも挙げられる。

ソースもデミグラス、クリームマスタード、柚子胡椒ソースの3種類から選べ、組み合わせを変えるとガラッと味わいが変化していく!

人気メニューは「ハンバーグ モッツァレラチーズ」。今回はデミグラスソースをセレクトした。

ハンバーグとチーズという最強タッグに、これまた合わないはずがないデミグラスが最高のハーモニーを生み出している。

肉の旨みとモッツァレラチーズのコクが交わり、ひと口食べればもう虜

チーズ好きならばぜひこちらをセレクトして欲しい。

なぜならドイツ産のモッツァレラチーズは上からかかっているだけでなく、ハンバーグのなかにもたっぷりとはいっているのだ!

ナイフを入れるととろ~っと溢れ出してくるチーズがたまらない!

仔牛の骨と筋と野菜をじっくり煮込んで作られるデミグラスソースを絡めながら味わって。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo