東京就活事情 Vol.3

全国行脚にかかった費用は150万!女子アナの座を執念で掴んだ女の、本当の野望とは?

就職活動は、今や「売り手市場」と言われ、かつての就職氷河期などどこ吹く風。

しかし、時代を問わず“狭き門”とされる企業は常に存在し、選ばれし者だけが生き残るのが現実だ。

そして「就活の頂点」を目指す若者たちは皆、こう信じている。

−就職で、すべての人生が決まる。

本連載で紹介するのは、内定のためなら手段を選ばない数々の猛者たち。彼らが語る、驚くべき就活のリアルとは?

先週、OB訪問100人、泥臭さで内定を勝ち取った“ネタ枠採用”の商社マンに驚かされたが、今週は・・・?


【今週の就活女子】

・名前:沙耶(25歳)
・現在の勤務先:東北の地方テレビ局
・就活時エントリーした企業数:約100社
・内定企業数:現在の勤務先のみ


「おはようございます!本日はどうぞよろしくお願いします」

沙耶は、待ち合わせの『アンダーズ タヴァン』に、朝の情報番組のキャスターにふさわしい、爽やかな笑顔で登場した。

小動物系の愛らしい顔立ち。透明感のある素肌を強調したベースメイクに、控えめな色味のアイシャドー。唇は桜色でぷるんと艶がある。

シックなグレーのワンピースにベージュのパンプスを合わせ、指先にはコーラルピンクのネイルが施されている。

足を揃えて斜めに流して座り、微笑みを絶やさずこちらを見つめる彼女は、上品で華やか、まさに“女子アナ”。

東北の地方局で働いているとのこと。てっきり出身がその辺りなのだろうと思っていたが、意外なことにも彼女は東京出身だという。

「就活では、北は北海道から南は九州まで、全国を飛び回りました」

沙耶は、ニッコリと微笑みながら教えてくれたが、全国行脚とは驚きだ。

下世話な話、かなりお金がかかったことが想像出来る。一体いくら使ったのだろうと想像していると、彼女は驚きの事実を自ら口にした。

「交通費だけで、150万円かかったんです」

そして沙耶は、その清純そうなルックスからは想像しがたい言葉を続けた。

「注ぎ込んだのは、交通費だけじゃありません。…どうしてもアナウンサーになりたくて、あらゆる手を使ったんです」

【東京就活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo