エビダン! Vol.4

女よりタチの悪い、男のマウンティング闘争。“年収の高さと男の価値”は比例するのか?

都内でも住みたい街の上位に、常にランクインする恵比寿。

仲間と肩肘張らず楽しめるお店がたくさんあり、便利で、何より賑やかな街である。

ベンチャー系IT企業に勤めるサトシ(28)も、恵比寿に魅了された男の一人。

顔ヨシ・運動神経ヨシ・性格ヨシで、学生時代から人気者だったサトシは、その社交性から遊ぶ仲間には事欠かない、通称・“エビダン”。

ある日参加した食事会で元グラドルの杏奈と出会い、心揺さぶれるサトシ。しかし、杏奈は学生時代に冴えなかった同級生で、現在外銀勤めの龍太に心奪われていたが、実は龍太はコンプレックスの塊だった。


外の寒さとは対照的に、暖かい温もりで溢れる『珈琲トラム』の店内で、煙立つ珈琲と共にほっと一息つく。

週末はカフェに行くのが僕の趣味で、忙しい日々の中での、大切な癒しの時間でもあった。

—今週も、仕事頑張ったなぁ……。

そんなことを思いながら携帯を見ていると、一通のLINEが入った。

—来週金曜日ヒマ?もしよければ、飲まない?

思わず、僕は携帯を二度見する。そのLINEの送り主が、龍太だったからだ。前回再会した時にLINEのIDを交換していた。

突然の龍太からの誘いに何と返信をするべきか、一瞬迷った。

“誘われたら断らない”が僕のモットーだが、龍太は、僕の好きな杏奈が想いを寄せる相手だ。複雑な思いを抱えながらも、ライトな感じで返信を打つ。


—空いてるよ!久々に飲もうか。


龍太が指定してきたのは、恵比寿ガーデンプレイスにある『ロウリーズ ザ プライムリブ トウキョウ』だった。

【エビダン!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo