女もつらいよ Vol.3

女もつらいよ:同僚から子作り禁止の忠告。一番の敵は、味方の顔して近付いてくる

高学歴・高収入・男性に引けを取らない仕事への情熱。

都内の高級エリアに住み、欲しいものは何でも自分で買うことが出来、食事は本当に美味しいものしか食べたくない。

にゃんにゃんOLのように自分の生活を誰かに変えてもらおうと、必死で結婚相手を探す必要もない。

そんな無敵のような女に訪れた苦難。あなたは、どう感じるだろうか?

上司から突然NYへの赴任辞令を言い渡された可奈子(34)。すぐにでも子供が欲しい夫・清は、可奈子の海外赴任に最初は難色を示したが、上司から海外赴任をしたとしても子供を諦める必要はないと言われ、可奈子は海外行きを決意する


「あ、湯川さん。聞いたわよ、おめでとう!」

可奈子の辞令が同僚たちの知るところとなり、社内を歩いていると、こうして声をかけられるようになった。

しばらくの間は、引っ越しの準備をしたりVISAのために大使館で面接を受けたりと、出国の準備に追われた。

夫の清には、橘から言われたように、海外赴任するからといって子供を諦める必要はないのだと伝えて、ようやく納得してもらえた。

可奈子だって子供を欲しい気持ちは同じなのだ。

ただ、タイミングの問題。それだけであることを清に理解してもらうと、その後は早かった。

あっという間に数週間が過ぎ、ようやくVISAもおりて出発を3日後に控えていた日に、同じ部署の西島から会議室で少し話がしたいと声をかけられた。

西島は40代後半で、可奈子にとっては直属の上司ではないが上席にあたるため、仕事で絡む事がよくある男だ。

一体何事だろうと思いながら、可奈子は西島について会議室に入る。

「あのNYの件だけど、本当に行くつもりでいるんだよね?」

「はい。もう3日後には出発しようと思っています。」

「あーそうなんだ……。」

少しだけ顔をしかめた西島は、勿体ぶるようにしてさらに続けた。

「俺、絶対良くないと思うんだよね、家族が離れるのって。実際に俺の周りで海外に単身で駐在して離婚した奴いたからさ。」

可奈子は、ただ黙って聞く。

周りで単身赴任する男性なんて沢山いそうだが、この人はいちいちそんなことを毎回忠告して回っているのだろうか。

「俺は、この異動については、別の人を送るべきだと思っていたんだよね。やっぱり湯川さんくらいの年になると色々大変そうだしね。それにほら、子供とかどうするつもりなの?」

【女もつらいよ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo