裏切られた妻たち Vol.3

愛する夫の“身の潔白”を、信じたかったのに…。怪しい出張に尾行した妻が見た、悲し過ぎる光景

一見、何の問題もなく幸せそうに見える仲良し夫婦。

けれども彼らの中には、さまざまな問題を抱えていることが多いのだ。

仲良し夫婦だと思っていた北岡あゆみ(32歳)のもとに届いた一通のメール

「あなたの旦那さん、浮気しています」

夫である樹を疑い始めたあゆみは、それとなく探りを入れたり、会社に行くなどするが、証拠はつかめない。

とうとうあゆみは、友人の紀子と清香と一緒に、出張する樹を尾行することにした。


「おかえり」

土曜日の夕方。

あゆみが帰宅すると、部屋の奥から樹の声がした。珍しく家にいるようだ。土曜日の夜は大抵、友人と食事か仕事と言って、家にいないのに。

—明日から、浮気相手と会えるから…?

そう思うと、怒りが静かに込み上げて来る。冷静を装いながらリビングを見ると、何か違和感を覚えた。

—なんか……。部屋が綺麗…?

樹が家にいた理由。それは多分、浮気の証拠を残さないよう、丹念に部屋を掃除していたのだろう。

「家の中が綺麗ね、掃除した?」

「あぁ。明日から出張だし、その前に綺麗にしておきたくて」

今まで、樹が進んで掃除をするなど滅多になかった。最近はルンバで掃除するため、何とか床に物を置かなくなったが、彼にとって掃除は苦手分野だ。

樹の行動が、益々怪しいと感じてくる。ここで動揺してしまってはダメだと言い聞かせ、明日の予定を確認した。

「大阪出張って明日からだったよね、何時に出る?」

「14時過ぎに出る予定。水曜の夜には帰るよ」

「そう」と返事をしたものの、あゆみの心は、ひどくざわついた。証拠を突き止めたい、と思いながらも、本当はただの出張であって欲しい、と願うばかりだ。

「ここからは、タクシーで行くの?」

不自然に思われないよう気を付けながら、明日の細かい行動を把握しておこうと、質問を続けた。

「いや、 電車だよ。最近うち厳しくて、タクシー代は出ないんだよ」

声のトーンや言い方は普段と変わらないのに、なぜか目を合わせてくれない樹に、不安と苛立ちを覚える。

不安な気持ちに負けそうになると、本人に直接、メールやレシートのことを確認したくなるが、誤魔化されて有耶無耶にされるのだけは避けたかった。

それに本人に直接聞いて真実だと言われたら…。想像するだけで、いても立ってもいられない気分になる。

「そっか、樹のところも厳しいんだね。出張、頑張ってね」

あゆみは何とか冷静を保ち、そう返して終わらせた。

【裏切られた妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo