デートの答えあわせ【A】 Vol.17

デートの待ち合わせ、5分遅刻は許容範囲?男女で違う “気遣い”とは:デートの答えあわせ【A】

男女の仲を深めるのに欠かせない、デート。

完璧だったと思ったのに、うまくいかないときもある。私たちはそんなとき、こう考える。

―あの時の、何がいけなかったのだろうか?

あなたはその答えに、気づけるだろうか。

気遣いもできるし相手にも合わせられる美優。博の気持ちを“察してあげられた”はずなのに、二回目のデートで次がなくなる。

その答えや、いかに。


美優と出会ったのは、知人の新居お披露目会だった。

僕は手土産にお気に入りのマルベックのワインを持参したのだが、たまたま隣に座っていた美優が、そのワインをとても気に入ってくれたのだ。

「あのワイン、博さんが持って来られたんですか?」
「そうだよ。あの品種が好きで。お口にあったかな?」
「はい!すごく美味しかったです。エチケットの写真、撮っておこうかなぁ。」

自分の好きな物を、好きと言ってもらえるのは純粋に嬉しい。美優が嬉しそうにエチケットの写真を撮る姿を見て、僕は彼女に興味を持った。

「あのワイン、気に入った?毎回大量にまとめ買いをしているから、今度一本あげるよ。」

お気に入りのワインは、いつもダースでオーダーしている。家に大量にあるし、あげる口実でデートに誘えるという下心がない訳ではない。

「え?いいんですか!?嬉しいです!」

素直に喜ぶ美優。僕たちはすぐにその場でデートの約束をしていた。

「美優ちゃん、食事は何が好き?」
「イタリアンとか、好きですが...博さんは、何がお好きですか?」
「イタリアン、好きだよ!そしたら気になっている店があるから、今度そこへ行かない?」

“この子、趣味が合うかも”、と思った。

気遣いもできる上に綺麗な美優に好意を抱いたのだが、その反面、デート中に垣間見えた“計算高さ”に、若干の怖さも覚えたのである。

【デートの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo