残念極まる男 Vol.1

残念極まる男:「イケメン・医者・独身」3拍子揃った好条件を無に帰す35歳男のたった一つの欠点

一流の仕事につき、高い年収を稼ぐ東京の男たち。

世の中の大半の女性が結婚を夢見る、いわゆる“アッパー層”と呼ばれる人種である。

しかしその中でも、ハイスペであるが故に決定的に“残念な欠点”を持つ男、というのが存在するのだ。

元彼を35歳の美女・恭子にとられて傷心中の瑠璃子は、彼を忘れるためにハイスペ男との出会いを積極的に繰り返すが、なぜか残念男たちを次々引き寄せてしまう。

瑠璃子が出会う、“残念極まる男”たち。あなたも、出会ったことはないだろうか?


「瑠璃子ちゃん、よかったら今度二人で食事しない?」

耳元でそっと彼に囁かれたとき、瑠璃子はようやく自分の時代がやってきたことを確信した—。


今日、瑠璃子は、会社の先輩・理奈と、『オークドア』のバースペースに飲みに来ている。

自分より6つも年上の恭子に周平を取られて以来、すっかり覇気を失っていた瑠璃子を見かねて、理奈が声をかけてくれたのだ。

「瑠璃子ったら…あの威勢の良さはどこに行っちゃったの?確かに周平君はいい子だったけど、東京にはもっといい男がたくさんいるわよ」

必死で励ます彼女の声に頷きつつも、瑠璃子の心はどこか上の空で、思わずきょろきょろと目を泳がせる。するとしばらくして、30代半ばくらいの二人の男性が近づいてきた。

「よかったら、一緒に飲みませんか?」

突然声をかけられて驚いたが、ひとりの男の顔を見て、思わず言葉を失った。なぜなら、瑠璃子がこの世で最も好きな俳優・西島秀俊に瓜二つなのだ。

—に、西島さん…!

そう答えそうになるのをぐっと堪える。そして代わりにとびきりの笑顔を作って、「是非一緒に飲みましょう♡」と答えた。

瑠璃子が彼の端正な顔立ちに惚れ惚れしていると、彼らは慣れた様子で自己紹介をする。西島秀俊似の彼の名前はタカシと言った。

「僕は、広尾にある美容外科クリニックで医師をしています」

「すごーーーい!タカシさん、お医者様なんですか?」

ルックスが良い上に、医者。こんなハイスペックな男性に声をかけられるなんて、ツイている。瑠璃子は、みるみるうちに、自分の中にパワーがみなぎっていくのを感じた。

—そうよ、いつまでもクヨクヨしてるなんて私らしくない!理奈さんの言う通り、東京にはいい男がまだまだいるはず。

そして、こう決意したのだった。

―絶対に周平を軽く超える、ハイスペックな男性を捕まえてみせる…そう、タカシさんみたいな!

こうして瑠璃子は彼とLINEを交換し、翌週食事に行く約束を交わしたのだった。

【残念極まる男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo