青田買いのスゝメ Vol.10

年下男の成長に感じる喜び。リードする側だった女を驚かせた、彼の一言とは?

結婚に適した男は、30歳までに刈り取られる。

電車で見かけた素敵な男は大抵、左手に指輪がついている。

会社内を見渡しても、将来有望な男は30歳までに結婚している。

そんな現実に気づいたのが、大手不動産会社勤務の奈々子・28歳。

同世代にはもう、結婚向きの男は残っていない。ならば・・・。

そうして「青田買い」に目覚めた奈々子は、幸せを掴むことができるのか・・・?

田中と穏やかに付き合っている奈々子を悩ませる、仕事の辞令。その時田中は・・・?


「岡田くん、ちょっと」

安藤部長に呼ばれ、奈々子に緊張が走る。

入社6年目。いつ転勤の辞令が来てもおかしくないため、上司に名前を呼ばれる度に「いよいよか?」と奈々子はドキッとする。

とはいえ、これまで結局仕事の話ばかりで杞憂に終わっていたし、今日もそんなことだろうと思っていた。その矢先・・・。

「会議室に行こうか」

部長の後を歩きながら、上がる息を落ち着かせるために奈々子は深呼吸を繰り返す。

会議室に入ると、部長はすぐに切り出した。

「岡田さん、君も来年7年目だよね。来月、人事部と面談があると思うので、人事申告シートに部署や地域の希望なんかを書いておいてくれるかな」

−いよいよ来たか・・・。

奈々子は、ぼんやりと人事申告シートを見つめながら、自分の本心に耳を傾けてみる。

仕事はずっと続けたい。でも、それと同じくらい、家庭も築きたいと思っている。

自分には、ハイスペと呼ばれるほどのスキルや経験はないけれど、自分なりに頑張って評価してもらってきた。

でも、やっぱり結婚して子どもを産むという、女性にとっての幸せも手に入れたい。

悩み、苦しみながらも、仕事に育児に奮闘するような、そんな生活が憧れだ。

−田中くんに聞いてみようかな。

田中が今後をどう考えているか、奈々子はさりげなくリサーチしてみることにした。

【青田買いのスゝメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo