港区女子は港区外へ行くことを「遠征」と呼ぶ。そんな彼女を銀座に遠征させてみた!

パリの名店の空気を銀座で感じられる
『Dominique Bouchet Tokyo』

海外にいっしょに行くのが難しくても、『ドミニク・ブシェ トーキョー』に行けばフランス料理界の重鎮の料理を楽しむことができる。ドミニク・ブシェといえば、ミシュランの星に輝き続ける巨匠。

銀座店は、ただ自分の名前を配しているだけではなく、ほぼ毎月来日して厨房に立つという気の入れようだ。店内は大理石やウッドを組み合わせた、パリ気分に浸れる洗練空間。

8名までの個室はシェフズテーブルともなり、プライベート感溢れる贅沢な時間を過ごすことができる。バースデーにはお花を描いたメッセージプレートもオーダーでき、相手が歓喜することは必至。

心に残る記念日を過ごせるフレンチである。

「ヒラメの鱗仕立て 人参とクミン スープ・ド・ポワソン」

ディナーコース(¥15,000/¥18,000)のメインディッシュは「パンデピスをまとった鴨肉のロティ」

アーティスティックな大人の遊び場
『Bar S』

銀座の地に『資生堂パーラー』の前身となる店がオープンしたのは1902年。それから幾度のリニューアルを経て、2015年に誕生したのが『バー エス』だ。店の象徴は、約10m以上ある天井高と天窓から吊るされたアート。

パープルのカーペットの色も効いて、飲む者の心を刺激する攻めたデザインとなっている。デートならカウンター席、またお食事会の二次会としてラウンジ席も使い勝手がいい。

ここでは、クラシックカクテルや季節のフルーツカクテルを試そう。12月は、イチゴを使った3種のカクテルが登場。また、フードは『資生堂パーラー』プロデュースなので味は折り紙付き。

年末にかけて、恋を発展させたいなら、銀座の2軒目はここしかない。

「牛ほほ肉のやわらか煮込み」¥1,500

食事も充実。条件により別途チャージ有り

マルガリータ風に仕上げた「ディベリータ」¥1,900(12月末まで)など、3種

Photos/Yusuke Nishimura@D-CORD, Styling/Shinya Nakanishi, Grooming/KIE KIYOHARA@beauty direction, Text/Tomoko Oishi

本日発売の月刊誌「東京カレンダー2月号」は一冊すべて、銀座特集!

脱シニア!私たち世代がリアルに使える銀座だけ掲載!

今こそ私たち世代の手に銀座を取り戻そう!そのヒントが最新号「東京カレンダー2月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は12/21(木)!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo