年越し蕎麦は銀座で!買い物ついでに寄りたい蕎麦デート6選

  • 職人が丁寧に作り上げる蕎麦

  • (写真奥)「あおさ海苔の出し巻き卵」(820円)(写真手前)「焼きしめじ 春菊 いくら 酢の物」(720円)

  • 「生雲丹のお浸し」(920円)

  • 「いくら蕎麦」。口のなかでぷちぷちと上品に美味しさを広げてくれる新鮮ないくらがたっぷりと

  • 「松茸おかめ」(1,540円)

  • 冷水でしっかりとしめることで生まれる歯ごたえがいい

  • コロッケそば。見た目のかわいらしさも人気の理由。甘めで濃厚なツユとよく合う

  • 写真は『銀座 真田 SIX』で提供される料理イメージ

  • 『銀座 真田 SIX』内観写真

  • 『銀座 真田』が提供する、シンプルな蕎麦の美味しさが分かれば“通”の証!

  • 「土鍋炊き込みご飯」二合3,000円〜。長野県産こしひかり使用。ご注文後に土鍋で炊くためご提供に40分程度かかります

  • 蕎麦×フレンチという新しいコンビネーション

  • 調理中の坂田 幹靖シェフ

  • 群馬県 赤城深山で有機栽培した十割蕎麦

  • 天然鮎の白トリュフ風味

  • 銀座で立ち飲み割烹というサプライズのある佇まい

  • 名物、桜スモークのからすみそば。カラスミ粉をたっぷりかける

  • 和紙や珪藻土など自然素材を多用した造り。テーブル席のほか個室、カウンター席がある

  • ひやかけそば¥1,000。冬でもオーダーが絶えない名物のひと品。梅おろしを入れると爽やかな味に

もどる
すすむ

1/30

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo