女ともだち Vol.13

女ともだち 最終回:女の友情は薄っぺらくない!優越と嫉妬を繰り返しながら続いていく

女はいつしか、3つのカテゴリーに分類されてゆく。

大学時代からの仲良し3人組、あゆみと理香、そして沙耶。

広告代理店でキャリアを積む沙耶は、早々にママとなった理香、最近結婚したばかりのあゆみとどんどん疎遠になっていく。

仕事が楽しくて仕方ない沙耶だが、女の人生は突然狂う

妊娠発覚により、実質的に後輩にポジションを奪われてしまったのだ。授かった命が優先だが、仕事も諦めきれない沙耶。

理香に悩みを打ち明けるも「仕事なんかより育児の方が100倍大変」などと言われさらにモヤモヤしてしまう。

そんな中、幸せいっぱいの新妻から突然の離婚相談を受け、沙耶は咄嗟に、自身の妊娠と結婚の事実を隠してしまう


逸したタイミング


「ありがとう、沙耶。話聞いてもらったら、なんだかスッキリしちゃった」

すべてを吐き出すように大きなため息をついたあゆみが、ゆっくりと顔を上げる。彼女の言う通り、その顔色は今日最初に会った時より随分明るく見えた。

「そう、それは…良かった」

あゆみが今日始めて見せた笑顔に、沙耶はホッと胸をなでおろす。

「こういうこと話せる人って…限られるでしょう?沙耶がいてくれて本当に良かったわ」

あゆみの言葉に、沙耶はただ黙って頷く。

女にとって、離婚相談のように自分の弱みをさらけ出す話ができる相手は、限られている

−妊娠と結婚のこと、今日はやっぱり言わないでおこう。

「また何かあれば、いつでも相談して」

タイミングを逸したらますます言いづらくなることはわかっていたが、沙耶はとうとう最後まで言い出すことができなかった。

【女ともだち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo