アモーレの反乱 Vol.4

アモーレの反乱:妻と一緒に撮った写真。隣にいた妻が、こんな顔をしていたなんて…

港区在住。遊びつくした男が、40歳で結婚を決意。

妻には、15歳年下で、世間知らずな箱入り娘を選んだ。なにも知らない彼女を「一流の女性」に育てたい。そんな願望もあった。

誰もが羨むリッチで幸せな結婚生活を送り、夫婦関係もうまくいっていたはず…だったのに。

世間を知り尽くして結婚した男と、世間を知らずに結婚してしまった女。

これは港区で実際に起こった、「立場逆転離婚」の物語。

15歳年下の妻・利奈(りな)から、突然離婚を切り出された昌宏(まさひろ)。利奈が2年前の出来事を思い出しているなんて知らず、昌宏はひとまず家を出てホテル暮らしをしていた。


赤坂見附の交差点をタクシーで左折し、青山通りを会社へ向かう。

青々としていた赤坂御用地の木々も、心なしか色づいてきた気がする。

家を出て、もう、一週間。

ホテルからのタクシー通勤に慣れてきた自分が空しくて、僕はため息をついた。

「別居」という形をとれば、利奈が冷静になり、気が変わるかも知れない。

それが希望的憶測に過ぎないことをわかっていながら、妻を問い詰めに家に戻る勇気も持てないまま、一週間が過ぎてしまった。

気が付けば、妻の顔ばかりが浮かんでいた一週間。

こんなにも妻のことを考えているなんて、たぶん結婚以来初めてのことだろう。

そして「妻のことばかり」を考えてみて、僕は「2つのこと」に気が付いた。

まず1つ目は。一緒にいない時の妻が何をしていたのか、ほとんど知らなかったということ。

結婚した当初は、習い事を始めたとか、誰と食事に行ったとか逐一報告してくれていたように思う。

その報告が無くなってどれくらいたったのか、僕にはわからなかった。

僕から尋ねることはあまりなかったので、1年…いやもしかしたら2年以上前から、僕は妻の行動を把握できていなかった。

もう1つは、僕たち夫婦が一度も喧嘩をしたことがない、ということ。

15歳の年の差のせいか、多少の意見の違いはあったとしても、彼女が自分の意見を押し通すことは無く、僕の意見に納得し従うことが多かった。

初めての喧嘩のテーマが「離婚」ってことになるのか…。

そんなことを思いながら、会社から歩いて数分の距離にある「ブルーボトルコーヒー」の前で、僕はタクシーを降りた。

会社の前までタクシーで行かない理由は、ドリップコーヒーをテイクアウトすることともう一つ。

元々自転車で通勤していた僕が、急にタクシー通勤になった訳を、会社のスタッフに勘ぐられたくなかったから。

コーヒーを受け取り歩き出すと、LINEの通知音が鳴った。

妻からかも、と期待して慌てて携帯を取り出したが、差出人のIDは「aiko」。

元恋人の、坂巻藍子からだった。

「今夜の予定は?シンガポールの案件で相談あり」

過去に恋愛関係にあったことなど、微塵も感じさせない、そっけない文章に苦笑する。

藍子は妻と出会う直前に別れた、いわば「結婚前の最後の恋人」だった。

妻とは正反対の、元恋人だ。

【アモーレの反乱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo