にゃんにゃんOL物語 Vol.7

年間25万の(無意味な)資格取得を生きがいにした結果、大事なチャンスを逃すにゃんにゃんOL

定時帰りの、腰掛けOLたち。

楽な仕事に給湯室での井戸端会議、充実したアフターファイブ。

”安定”という鎧を手に入れた彼女たちは保守的で、誰かが幸せにしてくれるのを待っている。

丸の内の大手損保会社に勤める愛華(26)も、その一人。典型的な腰掛けOLである彼女には、実はこんなあだ名がある。

“にゃんにゃんOL”、と。

元OLのアリサ(29)から檄を飛ばされながらも、意中の商社マン・和樹に“可愛い”と褒められ喜ぶ愛華。しかしふと、上には上がいると悩み始める

そんなふにゃふにゃしている愛華を見てアリサは...?


うららかな秋晴れの下、私と愛華は表参道の『TRUNK (HOTEL)』にいた。

フォトジェニックな写真を撮りたいらしい愛華は、夢中であらゆる角度から撮影している。そんな愛華を横目に、私は早く一杯、何か飲みたくてうずうずしている。

「愛華、もう中に入ってオーダーしてもいいかな?」

「どうぞ!そしてアリサさん、どうやったら英語が話せるようになりますか?」

突拍子もない質問に、思わず足が止まる 。

「前回、アリサさんが英語で外資系の男性たちと話しているのを見て、純粋にかっこいいと思ったんです。」

あぁ、なるほど。そういうことか。

親の仕事の都合で、私は小学校高学年から中学校の計6年間、ドイツに住んでいた。現地のインターに通っていたため、英語には不自由しない。

「あれ?でも、愛華フランス語かイタリア語習ってなかったっけ?」

そう、たしか愛華は週に1回くらい、なにか語学レッスンを受けていたはずだ。

「フランス語です!でも、やっぱり英語もいいな、と思って。」

お節介だとは思いつつも、頭の中で瞬時に計算する 。

1レッスンが(安くて)約3,500円だとして、それを週1回の計1年。年間で、約16万8千円。そこの教材費や入会費も含めると、約25万。


年収460万の中で、約25万の出費。


払えない額ではないが、彼女たちはこの“習い事”がどこまで身についているのだろうか?

—そこに投資する価値、ある?!全く元取れていなくない?


嬉しそうに歩く愛華の背中に、25万のレッスンの価値は感じられない。

【にゃんにゃんOL物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo