自然に密着デートするならここ!ムード抜群の西麻布カウンター6選

上品なカウンターで、目の前で焼き上がる鶏を一本ずつ楽しむスタイル

リーズナブルに極上のカウンターを楽しみたいなら『西麻布 晩鶏』

2014年5月、西麻布にオープンしたカウンタースタイルの焼き鳥店『西麻布 晩鶏』。

扉を開けて店内へ進むと、まず最初に驚くのは、その美しくまるで寿司店のようなカウンター。

店主は新橋の「鶏繁」出身。カウンターで焼き上げた鶏を一本ずつ提供するスタイルは「鶏繁」同様。

おススメのメニューは焼き物のコース。6本コースは2,100円、10本は3,350円と西麻布とは思えないリーズナブルな価格にも驚きだ。

濃厚な味わいがある水郷赤鶏には、日本酒がよく合う

もちろん、味は絶品。使用する鶏肉は千葉の“水郷赤鶏”。味が濃厚で、ぷりっとた肉質は適度な歯応えが感じられる。

その水郷赤鶏を丸ごと仕入れて店内で串打ちし、3段階の火力を使い分けて外はカリッと中はふわっとした食感に仕上げる。まさに職人技である。

是非味わって頂きたいのは、コースにも含まれる「団子」。敢えて粗挽きにしている肉をふんわりと団子状にすることで、噛むほどに肉汁が溢れ出してくる。

まさに、“つくね”ではなく、“団子”という名にふさわしい名品なのである。

水郷赤鶏のレバーで作る「レバーペースト」

焼き鳥に使用する塩は、瀬戸内海で採れるミネラルたっぷりの海塩。マイルドな舌触りで、素材の持ち味を最大限に引き出すため、シンプルにこれだけで食べるのが一番旨い。

水郷赤鶏のレバーの「レバーペースト」も人気メニューのひとつ。レバーを裏ごししてクリームでペースト状にし、刻んだ干しぶどうを加えることで程よい甘みを出している。

バゲットにつけてワインに合わせれば、焼き鳥屋にいることを忘れてしまうかも知れない。

西麻布のこの場所にありながら気取らずに楽しめる焼き鳥店は、彼女の心を開き、二人の距離を縮めてくれるに違いない。

濃厚でクリーミーな食感の「レバー」

粗挽き肉から溢れ出す肉汁がたまらない「団子」

大きなネギが存在感を出す「ネギ間」。ジューシーなもも肉との相性も抜群

通にはたまらない「ちょうちん」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo