にゃんにゃんOL物語 Vol.3

にゃんにゃんOLにもパターンあり。抑えておくべき「ノーマル・腹黒・進化系」の生態とは?

定時帰りの、腰掛けOLたち。

楽な仕事に給湯室での井戸端会議、充実したアフターファイブ。

”安定”という鎧を手に入れた彼女たちは保守的で、誰かが幸せにしてくれるのを待っている。

丸の内の大手損保会社に勤める愛華(26)も、その一人。典型的な腰掛けOLである彼女には、実はこんなあだ名がある。

“にゃんにゃんOL”、と。

元OLのアリサ(29)から檄を飛ばされ年収1,000万の人に見向きもされない現実を見た愛華

それを見ていたアリサは、今週のにゃんにゃん観察日記に何を書く...?


30歳までに結婚しないと行き遅れという恐怖


「だから、何度も言ったでしょ?ある程度のレベルの人のお嫁さんになりたいならば、自分の市場価値をあげなさい、と。」

さっきから、目の前に座って呑気にミルクティーを飲んでいる愛華たちに何度も諭してみるものの、何を言ってもふにゃふにゃしている。

先日の食事会の反省会をしたいと言われ、愛華と、愛華の同僚である結衣から呼び出された。

何の反省をするのかと思いきや、“アリサさんのようにキラキラしたい”、などと言う物凄く抽象的な相談で、思わず面喰らう。

「えぇ〜。どうやってですかぁ?毎日女磨きもしてるし、まだ26歳だし、十分だと思うんですけど。」

大げさに驚く愛華に対し、再び、大きなため息が出てしまった。

にゃんにゃんOLの唯一の武器。
それは年齢なのだ。

最も浪費が早く、人類みな平等に失っていく若さ。それが最大の武器ならば、愛華の売れる時期は、後3年しかない計算となる。

「若さで売れる時期は短いのに。30歳過ぎたら、どうやって生きていくの?」

年齢に対する過信と、そこに価値を重んじる比重の大きさ。だからにゃんにゃんOL達は、30歳までになんとか結婚しようと必死なのだ。

「でも愛華ちゃんは、素朴な感じがあるし、ちょっと小柄なところもチャーミングだから大丈夫だよ 。」

おっと...出ました!腹黒系にゃんにゃんOLの真骨頂。

女友達を褒める振りして、さりげなくディスるその性格の悪さ。結衣の発言に、思わず一人で笑ってしまった。

【にゃんにゃんOL物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo