マウンティングの虚像 Vol.18

マウンティングの虚像 最終回:妥当な所で手を打った、34歳の現実


東京の女たちは今日も霊長類のごとく、笑顔の裏でマウンティングを繰り広げている。

だが、一部の女は気づき始めた。 マウンティングは、虚像でしかないことを。

マウンティング世界の向こう側を、覗いてみたくはないだろうか。

大手出版社に勤める麻耶(26歳)は、仕事にも本気になれず恋愛も上手くいかない。華やかな世界に憧れるあまり、商社マンの元彼・からヨリを戻そうと提案されても、なかなか踏み切れずにいた。

最終回の今週は、34歳になった麻耶が一体どのような生活を送っているのかをお届けする。


結局世間の流れには、逆らえなかった


「痛っ。」

慣れないミシンを諦め、針と糸で縫い物を仕上げようとした麻耶は思わず針で指を刺してしまった。左手人差し指の腹に、真っ赤な血が滲む。

麻耶は、荻窪の実家のリビングで独り、可愛らしいプリンセスが描かれたピンクの布を、どうにかカバンの形にしようと奮闘していた。

絵本や上履きなどを入れる為のこのカバンは、この春幼稚園に入園する1人娘の入園グッズの一つだ。

出産を機に仕事を辞めた麻耶。娘を通わせている私立の幼稚園は、基本的にこうした小物は親が作るものと決められていて、市販品を購入すれば、「愛情がない」と見られてしまうという。そういった母親界の暗黙のルールは、全て姉のナオミが教えてくれた。

「なんでネットで注文しちゃいけないんだろう」

そんな風に独り文句を言っていると、スマホの着信画面に「パパ」と表示された。

【マウンティングの虚像】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo