昭和モダンを感じる、銀座の名店 Vol.2

銀座を支える老舗

銀座という街には、変わってほしくない
名店に受け継がれた美学がある

シセイドウパーラー

資生堂パーラー 銀座本店

創業明治35年。日本で初めてソーダ水の製造と販売を行ったという同店。昭和に入ってからは西洋料理の提供も始め、多くの文化人がこよなく愛した、言わずと知れた銀座の象徴的存在だ。ミートクロケット2,650円やオムライス2,830円といった、どこか懐かしいメニューを豊富に揃えている。

ギンザ ワカマツ

銀座 若松

ぜんざい、おしるこ屋として創業したのが明治27年。昭和初期に2代目店主が日本で最初にあんみつを考案したことで知られる甘味処。看板メニューの元祖あんみつ900円のほか、クリームソーダやかき氷(夏季限定)など、ハイカラな時代を彷彿させるメニューを揃え、休み処として親しまれる。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【昭和モダンを感じる、銀座の名店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ